このページでは世界トップクラスの技術/実力を誇る精密模型作家、早川松芳氏とのコラボレーションで誕生したショーケースをご紹介しております。 「コンセプトモデル」ですから、ここでご紹介しているショーケースは現在のところ商品化しておりません。
 
 >> 早川 松芳氏のProfile (「model cars」2006年11月号P.36より抜粋)
 

 
 早川松芳氏(以下、早川氏)とのお付き合いは8〜9年以上になると思います。 ホビー関連のショップが立ち並ぶ大阪日本橋を散策されていた早川氏が、鉄道模型をはじめとする様々なコレクションをショーケース内にディスプレイしている、ちょっと変わったお店(=当社)に立ち寄られたことから、今のお付き合いがはじまりました。 当社には趣味で鉄道模型を製作したり、車の模型を製作する者が居るということも有って、毎月1〜2回はお立ち寄り下さっております。
 

   
   カバーには3mm厚の透明アクリル板を使用。

 5mm/10mm厚のアルミ板にブラスト処理を施し、アルマイト加工したものをベースに使用。

 テーブルには5mm厚のアルミ板/アクリル板に、アルミ棒を円錐形にNC加工した脚を取り付け、中央からベースに固定。

 

   

   
   カバーには一般のガラスよりも透明度の高い、高透過ガラスを使用。

 45度の面取り後に接着している為、小口が殆ど目立たない。

 メインのベースには、上記カバーとのコントラストを考慮して15mm厚のフロートガラスを使用。

 SUS304の丸棒をNC加工したスペーサーの上に、人工大理石の台を少し浮かせて設置。

     

   
   ベースは30mm厚の金型用「SUS304」を削り出して製作。

 最新のNCマシンによる加工跡を最大限に生かした、「究極形態のベース」とも言える。

 人工大理石のベースの上にアクリル板を重ね、各素材の存在感を引き出した。

 カバーは高透過ガラスを45度面取りにより接着している為、小口が殆ど目立たない。

 
  撮影:服部 佳洋氏
>> 特定商取引法に基づく表示
 

Copyright (C) 2007 ショーケース/コレクションケースの大阪陳列株式会社 All rights reserved.