ショーケース&コレクションケースの製作販売|ショーケース内部照明の効果|食品サンプルケースにおける「照明効果」の解説


ショーケース/コレクションケース/サンプルケース等における照明効果について

>> Private Museumのトップページへ >> オーダー品製作実例のトップページへ >> 当社サイトのトップページへ

     
 

 ショーケース/コレクションケース/サンプルケースをはじめとするディスプレイ用ガラスケースにとって、如何に照明が重要であるかを製作実例写真を使って視覚的に解説するためのページです。

 まず、ショーケース類の照明は製作段階に組み込まないとショーケース内部に綺麗に収まりません。
※後付けでは見た目の綺麗さを保ったまま照明を組み込めない場合が大半ですから、この点は十分ご注意下さい。

 照明付きのショーケースですと展示物が明るく美しく見えます。食品サンプルケースの場合ですと食品サンプルが「美味しそうに」見えますし、製品サンプルケースの場合は応接室や展示会等で製品サンプルが「見やすく」「魅力的に」見えます。

 特に「食品サンプルケース」としてショーケースをお使いになる場合、食品サンプルケースは「お店の顔」ですので、この部分で手を抜いてしまうとお客さんが殆どお店に入ってきてくれませんから特に注意が必要です。

 製品サンプルケースの場合も同様で、ケース内部が明るく見やすい状態になっておりますと視線が展示物に自然と向かいますので、「見せたい物をきちんと見せる」事が出来ます。

 以下では、ショーケース内部の照明を消した状態と点灯した状態に加え、夕方以降にショーケースがどのように見えるかをご覧頂くために、「ショーケース内部の照明を点灯/ショーケース外部の照明を消灯」した場合の写真もご用意致しました。

 以下の実例写真をご覧頂きましたら余計な説明は不要かも知れませんが、如何にショーケースに照明が必要かお分かり頂けると思います。

 なお、以下の作例では「細型蛍光管」や「ハロゲンスポットライト」を取り付けた物もご紹介致しておりますが、現在は「LED」を取り付ける事が大半です。

 また、全般照明として使うかスポット照明として使うか等でも、ショーケース内部の雰囲気や見た目が変わります。

 

 
 

 

 

 
デラックスタイプのショーケースに細型蛍光管とハロゲンスポットライトを取り付けたショーケースです。
※背面と床板に化粧シートを施工したショーケース(食品サンプルケース)の製作実例です。
 
ショーケース(サンプルケース)内部に照明を取り付けた場合の見え方を解説(ショーケース内部:消灯/ショーケース外部:点灯)
ショーケース内部の細型蛍光管とスポットライトを消灯 してショーケース周囲の照明を点灯した写真
 
ショーケース(サンプルケース)内部に照明を取り付けた場合の見え方を解説(ショーケース内部:点灯/ショーケース外部:点灯)
ショーケース内部の細型蛍光管とスポットライトを点灯 してショーケース周囲の照明を点灯した写真
 
ショーケース(サンプルケース)内部に照明を取り付けた場合の見え方を解説(ショーケース内部:点灯/ショーケース外部:消灯)
ショーケース内部の細型蛍光管とスポットライトを点灯してショーケース周囲の照明を消灯した写真
※周囲が暗くなった夕方以降の時間帯にどのように見えるかをイメージして頂きやすいと思います。
 

 

ショーケース内部の照明効果をご覧頂ける製作実例を幾つかご紹介致します。

 
当社特製LED照明付きショーケース(食品サンプルケース)に展示した食品サンプルの見え方
 
当社特製LED照明付きコレクションケースに展示したコレクション(鉄道模型)の見え方
 
フルオーダーで製作したLED照明搭載の「数学モデル展示用ショーケース」に展示した数学モデルの見え方
 
フルオーダーで製作した、高性能白色LED搭載のSWAROVSKI(スワロフスキー)の「Jinlong」展示用ショーケース
 
フルオーダーで製作したLEDスポットライト付き高級品展示用卓上ショーケース
 

※ ショーケースに関するご質問等がございましたら、こちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。

 
>> 特定商取引法に基づく表示
   

Copyright (C) 2012 ショーケース/コレクションケースの大阪陳列株式会社 All rights reserved.